ワキガを梅干しで改善

ワキガの臭いを梅干しで解消できる?

ワキガを治すには、ニオイの元となる物質を作り出す
アポクリン汗腺の数を減らすのがもっとも効果的な方法です。
しかし、そのためには手術が必要になります。

 

 

 

手術の費用は高額ですし、後遺症や副作用などの面でもリスクが伴うので、
できればそれ以外の方法でニオイを改善したいという方も多いでしょう。
実は、ワキガは食べ物で改善するという方法もあるのです。

 

その食べ物は梅干です。

 

 

ワキガのニオイは、タンパク質や糖分、
乳酸などを含んだ物質が常在菌によって分解されることで発生します。
ここで注目したいのが、物質に含まれる成分です。

 

 

 

普通の汗も常在菌で分解されると臭くなりますが、
ワキガのようなニオイにならないのは、汗の成分のほとんどが水分だからです。
つまり、ワキガの原因物質に含まれる成分を減らせばニオイも改善できるということになります。
梅干にはクエン酸が含まれていますが、
この成分は原因物質に含まれる乳酸を分解する働きを持っています。
そのため、梅干を摂れば原因物質の乳酸を減らすことができるので、
結果的にワキガのニオイも緩和できるのです。

 

 

 

 

またワキガが臭うのは、皮膚が酸性に傾いてしまうことも原因の一つです。
アポクリン汗腺から出る物質には、
動物性タンパク質や動物性脂質が含まれているため、肌が酸性に傾きます。
皮膚はもともと弱酸性ですが、酸性になると強いニオイが発生します。

 

 

 

酸性に傾いた皮膚を弱酸性に戻すには、
アルカリ性の食品を摂取するのが効果的です。
梅干はアルカリ性食品ですから、
梅干を定期的に食べることで酸性になった体を中和してくれます。
体内で中和されれば、皮膚も弱酸性に戻るため
ニオイを抑えることができます。

 

 

 

 

また、血液が酸性に傾くと活性酸素が作られます。
活性酸素は酸化作用によって、
原因物質に含まれる脂肪酸を産生するため、
ワキガのニオイを強くします。
梅干を摂れば、血液も弱アルカリ性に戻せますから、
活性酸素による脂肪酸の生成を防げます。
このように、梅干はあらゆる面からワキガを緩和してくれるので積極的に摂取しましょう。