わきがにオロナインが効く

オロナインですが、これワキガに効くの?

昔から、常備薬として定番となっているオロナインですが、
これがワキガに効くという噂があります。
オロナインは、切り傷ややけど、しもやけやあかぎれ、
水虫などに効果がある薬ですが、
基本的にワキガを改善するものではありません。
それなのにワキガに効くと言われるのは、
オロナインは強い殺菌力があるからです。

 

 

 

ワキガの原因は、アポクリン汗腺から分泌される物質を、
皮膚の常在菌が分解するからです。
アポクリン汗腺の分泌物にはタンパク質や脂肪分、
リポフスチンなどが含まれているため、
分解されると独特のニオイを発生させるのです。

 

 

 

逆に言えば、どんなに分泌物が出たとしても、
分解されなければニオイは発生しません。
ここに、オロナインの主成分であるクロルヘキシジングルコン酸塩液の
殺菌力が効果を発揮するのです。

 

 

 

オロナインの殺菌力はとても強力なので、
常在菌を減少させる効果が期待できます。
つまりオロナインを塗ることで常在菌が減り、
結果的に分泌物も分解されにくくなるため、
ワキガのニオイを軽減させることにつながるのですね。

 

 

 

 

 

また、オロナインには油分が含まれていますから保湿効果もあります。
ワキガは、汗を拭き取って分泌物を取り除くのも効果的なニオイ対策になるものの、
頻繁に拭き取っていると肌がダメージを受けて乾燥肌になってしまいます。
肌が乾燥すると、皮脂の分泌量が増えて常在菌が繁殖しやすい環境になります。

 

 

 

ワキはただでさえ蒸れやすいのですから、
皮脂の分泌が過剰になると普通の汗まで臭ってしまいます。
そこにワキガのニオイが加われば、当然ですがさらに臭くなります。
ですが、オロナインで保湿をすれば乾燥肌も改善できて、
ニオイも抑えられるメリットがあるのです。

 

 

 

 

ただし、オロナインで期待できる効果は長くても2時間ですから、
こまめに塗り直さなくてはいけません。
と言っても、油分が多いので塗り直しをやりすぎると、
そのせいで臭くなってしまうことがあります。
ですので軽度のワキガであればオロナインは有効と言えますが、
基本的にオロナインでのワキガ対策は止めておいた方が良いでしょう。

 

 

>>>わきが対策クリームおすすめランキングはコチラ