ワキガを切らないで治す方法

ワキガを切らないで治す方法というのは、 あるんです

ワキガを完全に治すには、皮膚の裏にあるアポクリン汗腺を取り除く方法がもっとも確実です。
そのためには手術が必要で、以前はメスでワキの下を切り開いて取り除く方法しかありませんでした。

 

 

いくらワキガの手術は安全な部類に入ると言っても、
やっぱり体にメスを入れるのはそれなりのリスクが伴います。
傷口は小さくても縫合も抜糸も必要になりますから、
しばらくは生活が不自由になりますし、
人によっては皮膚の変色などが起こることもあります。

 

 

 

 

そこで、最近人気になっているのがメスを入れず切らないで治す方法です。
これは、マイクロウェーブやレーザーを使いアポクリン汗腺などの汗腺組織を破壊して、
分泌物が出なくなるようにする治療方法です。
皮膚を切らずに行えるので、手術後のダウンタイムもありませんし、
無理をしなければ手を動かすことも可能です。
縫合や抜糸もなく、傷も残りませんから
気軽にできるワキガ治療法として高い支持を得ています。

 

 

 

 

ただし、安全性は高いものの、効果に関しては完璧にワキガが治る
とは言い切れないのがこの治療方法のデメリットでしょう。
メスを入れないため、すべてのアポクリン汗腺を破壊しきれないこともあります。

 

 

 

アポクリン汗腺が少しでも残っていれば、そこから物質が分泌されてしまうため、
効果がなかったという方がいるのも事実です。
成功確率はかなり高くなってきているものの、効果には個人差があるので、
完全に治ったという人の割合は多くありません。
一番多いのは、ニオイが緩和された、汗の量が減ったというような意見なので、
切らないで治す方法を検討している方は口コミなどをよくチェックしましょう。

 

 

 

 

また、この治療法はとにかく高額ですし、治るかどうかは
執刀する医師の技術や経験にかかっていると言っても過言ではないので、
近いから有名だからなど安易な理由で病院を決めないでください。
必ずいくつかの医療機関でカウンセリングを受けて、
経験豊富でワキガの知識をきちんと持っている医師を探しましょう。

 

 

>>>わきが対策クリームおすすめランキングはコチラ