永久脱毛とワキガの関係

永久脱毛とワキガの関係を知りたいですか?

永久脱毛をしたらわきがが強くなった、という意見もあれば、ニオイがしなくなったという意見もあります。
意見が二つに分かれているので、一体どっちが本当なのか疑問に思う方も多いと思いますが、永久脱毛をすると結果的にわきがは軽減されます。

 

わきがが強くなったという意見があるのは、脱毛の刺激によってアポクリン汗腺からの分泌物が増えるからです。
永久脱毛の方法は、レーザー脱毛かニードル脱毛になりますが、どちらも皮膚に強い刺激を与えます。

 

 

皮膚が刺激を受けると、皮膚の裏側にあるアポクリン汗腺も刺激を受けるため、活動が活性化されることで分泌物が増えます。
ただし、ずっと活発に活動しているわけではありませんから、一時的にニオイが強くなったとしても時間が経てば改善されていきます。

 

 

 

もう一つ考えられる理由は、毛穴に皮脂や老廃物が詰まっているということです。
ムダ毛は毛穴から生えていますから、毛があるうちはどうしても皮脂などの汚れが毛穴の奥に溜まってしまいます。
もちろん溜まっている汚れは少しずつ押し出されていきますが、永久脱毛の処理をすると、毛穴を塞いでいたムダ毛がなくなるため汚れが酸化します。

 

 

 

皮脂などが酸化するとニオイが発生するため、永久脱毛をしてワキが臭くなったと感じることがあるのですね。
しかし、これも毎日綺麗に洗って汚れをきちんと取り除けば改善されます。

 

 

 

ただし汚れによって炎症が起こっているとセルフケアでは取り除けないので、この場合には皮膚科で処置をしてもらう必要があります。
いずれにしても、永久脱毛によってニオイがきつくなるのは一時的なものですから、神経質にならなくても大丈夫です。

 

 

 

 

逆に、毛穴の詰まりを引き起こすムダ毛がなくなれば、ワキガのニオイを改善できます。
永久脱毛の施術は毛根組織を破壊するのですが、毛根組織がある部分はアポクリン汗腺の分泌物の出口になります。
毛根組織が破壊されると、この出口を塞ぐことになるのでニオイが軽減されます。

 

 

 

もちろん完全にわきがが治るわけではありませんが、ニオイの元を減らせるので、
わきがが気になる方は永久脱毛をするのも一つの改善方法になります。